読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株太郎の挑戦 

株や投資について、まったく知識のない初心者が勉強しながら資産を増やすことを目指すブログ

中国でビットコインの規制が解除された!?

こんばんは、株太郎です。

今回はビットコインについて取り上げます。

 

いきなりですが、先日、中国でビットコイン取引所の規制解除が発表されたようです。

中国ビットコイン取引所、規制解除を公式発表 | BitTimes

 

ビットコインについてはこちら

kabutarosan.hatenablog.com

 そもそもなぜ、中国でビットコインが規制されていたのか?「ビットコインと中国」についてまとめてみました!

 

 

中国のお金は政府が操作している。

日本のお金は。では、中国のお金は何というでしょうか? はい、正解は人民元と言います。

 

f:id:kabutarosan:20170413192716j:plain

この人民元は、日本の円と違って、政府によって管理されているお金です。

どのように管理されているかと言うと、例えば日本で言えば1ドル($)に対しての円の値段が変わる為替相場を操作しているのです。

 

この操作をするとどうなるのか?

難しい説明をはしょって簡単に説明すると儲かります笑 その儲かった分で、中国は大きな経済成長を遂げたのです。

 

ビットコインと中国

ビットコインと言えば、中国の名前が出される程関係の深い国。

その理由は何でしょう。

  1. ビットコインのマイニング市場をほとんど占める
  2. 人民元による不安から外貨(ビットコイン)に変換する人が多い
  3. 人口が多く、ギャンブルや相場が好きな国民性(これは憶測です。)

 

1のマイニングとは、また別記事で説明する予定ですが意味的には、ビットコインを採掘すること(※仮想通貨なので実際に掘る訳ではありません)です。

つまり、ビットコインを増やす行為のことです。何とビットコインにはお金を作り出せる制度があるのです。

それを行っているのがほとんど中国なのです。

 

2に関しては、今回ビットコインが規制されていたことと関係がある項目です。

人民元は信用がありません。なぜか?政府が介入してきて為替を自由に操作できるからです。

ですので、中国の国民達は人民元をドル($)や円に変えたいのです。

ビットコインにはそれが可能なのです。

人民元ビットコイン→ドル($)or円といった流れで簡単にお金を外貨にして置くことができます。

 

こうした背景から中国政府は、ビットコインに関する取引を規制したのですが、それも解除されました。これは、中国が危機を感じていた上記のようなマネーロンダリング対策に一定の目処がたったからだと言われています。

 

3については、根拠も特になく香港のカジノやTV番組で株が盛んだった中国を見て、そういう国民性も関係あるであろうと思ったからです。^^;

 

 

今回の記事は私の知識が足らないところばかりでもっと勉強をしなければいけない分野であると感じました。

追記をして、もっとわかりやすい記事にしていくつもりです。

みなさんも今後日本で熱くなっていくであろうビットコインについて調べてみてください!

 

ではまた!

 

 ※投資は自己責任です。資産にあった計画を立てましょう。